ガッチリ固まる猫砂Ag+(パッケージ表)
ガッチリ固まる猫砂Ag+(パッケージ裏)
ガッチリ固まる猫砂Ag+(砂)
ガッチリ固まる猫砂Ag+(パッケージ裏の説明上部)
ガッチリ固まる猫砂Ag+(パッケージ裏の説明下部)

ガッチリ固まる猫砂Ag+

メーカーアイリスオーヤマ
商品名ガッチリ固まる猫砂Ag+
原料ベントナイト
捨て方燃えるゴミ
内容量7L(5.2kg)
8L(6kg)
価格/kg86円/kg

商品情報

ガッチリ固まる猫砂Ag+は抗菌粒入りのベントナイトの猫砂です。
抗菌粒に含まれる銀イオンパワーによって雑菌の繁殖を抑える効果があるようです。
消臭粒は入っておらず、パッケージにはベントナイトがしっかり固まることで、おしっこの匂いを包み込むと記載がありました。

砂の質感(色・形状・大きさ)

ガッチリ固まる猫砂Ag+(砂の色・形・サイズ)

砂のサイズは2mm〜5mm程度で大小の砂が混ざっています。
抗菌粒の量は少なめで、サイズは1cm弱の粒でした。砂色は白に近いので血尿時は一目で確認が出来ます。

砂のサイズも色も、見た目は同じアイリスオーヤマが販売している「クリーン&フレッシュAg+」にそっくりです。
公式サイトで確認したところ、「ガッチリ固まる猫砂Ag+」は「クリーン&フレッシュAg+」よりもよりガッチリ固まるという位置付けのようでした。その代わりに、消臭・抗菌効果では劣っているようです。

砂の吸収力とコスパ

ガッチリ固まる猫砂Ag+(砂の重さ)

ガッチリ固まる猫砂Ag+(左側)の1カップの重さは、174gと一般的なベントナイトの猫砂と同様の比重があります。
クリーン&フレッシュAg+(右側)は176gでした。計量での多少の誤差はある為、同じ比重と言えるでしょう。

尿を固める強度

おしっこ一回分の50ccの水を砂にかけて、約10秒後に掘り出しました。
実験したところ、砂で水分を吸収しきれずに底にこびりついてしまいました。
他の砂でも全く同じ条件で実験していますが、吸水力が足らずに底にこびり付いたのはガッチリ固まる猫砂Ag+が初めてでした。

次に固まりを拾ってスコップの上でコロコロしたり、落としたりして固まる力を確認しました。
何度か繰り返すと、ボロボロに崩れてしまうという残念な結果となりました。
他の砂では、2つに固まりが割れてしまう商品はあったものの、これほどバラバラになる砂は初めてです。

商品名を「ガッチリ固まる猫砂」と名付けているにも関わらず、実験では吸水力も固まる力も確認出来ませんでした。
公式サイトの説明とは違い、同じ実験ではクリーン&フレッシュAg+の方が良く固まりました。

砂ホコリの量

1袋を使いきっての感想

「ガッチリ固まる猫砂Ag+」と「クリーン&フレッシュAg+」は商品名とパッケージは違えど、中身はほとんど同じでした。
砂粒のサイズと色、比重なども同じです。

消臭力はAg+にも関わらず、非常に低いです。
新品をトイレに入れた翌日からは、うんちだけではなく、おしっこの匂いもすぐに気になり始めました。
尿を瞬時に固める力が弱く、少しの衝撃で尿の固まりがバラバラになってしまうので、しっかりと匂いを閉じ込める事が出来てないように思いました。砂埃も非常に多く、猫への健康被害が気になります。

一袋450円程度と値段は安いですが、品質も安いなりでした。コスパは悪いです。
ちなみに、同価格帯の商品では、「あまえんぼ 固まる猫砂」が非常にコスパが優れています。

総合評価 18点
砂粒の質感
尿を固める強度
消臭力の高さ
ダストの少なさ
コストパフォーマンス
よろしければ、あなたのレビューも教えて下さい。
レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

こんな猫砂もあるよ

  1. Pet'sOne 固まる猫砂ゴールド

    【カインズ】Pet’sOne 固まる猫砂ゴールド

  2. スーパーウッディーのアイキャッチ画像

    スーパーウッディー

  3. オードロック(パッケージ表)

    オードロック

  4. Double Duty Cat Litte(アイキャッチ)

    Double Duty Cat Litter

  5. トフカスサンド Kのアイキャッチ画像

    トフカスサンドK

  6. 消臭剤から生まれたねこ砂のアイキャッチ画像

    消臭剤から生まれたねこ砂

  7. サクラの香りの猫砂のアイキャッチ画像

    サクラの香りの猫砂

  8. 飛び散らニャいネコ砂のアイキャッチ画像

    飛び散らニャいネコ砂

  9. クリーン&フレッシュAG+のパッケージ

    クリーン&フレッシュAg+